スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

生きる 募金1365万円、全国29団体に(毎日新聞)

 毎日新聞のキャンペーン「生きる」に寄せられた「小児がん征圧募金」の第14次分1365万円が、小児がん患者への支援や研究に取り組む全国29団体に贈られた。東京都千代田区一ツ橋のパレスサイドビルで30日、贈呈式があり、朝比奈豊・毎日新聞社社長(毎日新聞東京社会事業団理事長)が各団体の代表に目録を手渡した。

 キャンペーンは96年開始で2010年度は15周年を迎える。朝比奈社長は「病気と闘っている子どもや家族を応援し、安心して病気治療に専念できる世の中を作っていかなければ」と述べた。

 病気と闘う子どもたちと付き添い家族のための滞在施設を運営する「ぶどうのいえ」の堀内昭理事長やがんの子どものためのキャンプ連絡会「スマートムンストン」の細谷亮太代表、難病と闘う子どもたちの夢をかなえるボランティア団体「メイク・ア・ウィッシュ オブ ジャパン」の大野寿子事務局長らがあいさつ。

 新潟県で滞在施設を運営する「にいがたファミリーハウスやすらぎ支援の会」の児玉義明代表は「心のこもった募金をいただき、これを支えに家族を支援していく活動をより心を込めて進めていきたい」と話した。【田村彰子】

 ◇4団体以外の贈呈先は次の通り。

 北海道ファミリーハウス▽パンダハウスを育てる会▽群馬県立小児医療センター▽静岡県立こども病院▽NPOファミリーハウス▽スマイルオブキッズ▽がんの子供を守る会▽難病のこども支援全国ネットワーク▽白血病研究基金を育てる会▽日本さい帯血バンクネットワーク▽東京臍帯血バンク▽そらぷちキッズキャンプ▽近畿小児がん研究会▽京大病院小児科ボランティアグループ「にこにこトマト」▽NPO日本クリニクラウン協会▽NPOチャイルド・ケモ・ハウス▽京都ファミリーハウス▽NPOあいち骨髄バンクを支援する会▽「にこにこスマイルキャンプin九州」実行委員会▽こども医療ネットワーク▽九州がんセンター小児科親の会「大きな木」▽ペンギンの会▽医療ボランティアグループ「ぱんぷきん」▽久留米大学病院小児科親の会「木曜会」▽福岡ファミリーハウス

【関連ニュース】
アトピー治療薬:米で子ども46人がん発症 使用法守らず
さい帯血バンク:宮城のNPO法人が経営危機
質問なるほドリ:受動喫煙はなぜ悪いの?=回答・永山悦子
宮城さい帯血バンク:経営危機 11年以降は事業継続困難に
骨髄バンク:あす、啓発シンポ開催--浜田医療センター /島根

日本の医療制度を守るために(医療介護CBニュース)
「大変、残念」長官銃撃事件時効に中井国家公安委員長(産経新聞)
風で制帽飛び電車乗れず JR西車掌、タクシーで追いかけ14分遅れ(産経新聞)
長崎の小型機墜落、原因はパイプの整備ミス(読売新聞)
阿久根市長つかみ合い「今後も議会に出ぬ」とも(読売新聞)

偽1万円使用で逮捕、似た偽札首都圏で150枚(読売新聞)

 偽1万円札を使用したとして、警視庁などの合同捜査本部は27日、東京都北区滝野川7、無職本多一善被告(24)(窃盗罪で起訴)と、いずれも19歳の板橋区の無職少年2人を偽造通貨行使容疑で逮捕したと発表した。

 本多被告の逮捕は26日、少年2人は12日と15日。発表によると、本多被告らは2月14日、埼玉県熊谷市内のクレープ店でクレープを買う際に偽1万円札2枚を使った疑い。

 捜査本部は本多被告の自宅の捜索で、透かしがなく、偽造防止用のホログラムがない粗雑な偽造1万円札を十数枚押収している。東京ディズニーランドで2月下旬、11枚の偽1万円札が使用されるなど、首都圏など1都6県で今年1~2月に約150枚が使われた偽札と特徴が似ているという。捜査本部は偽造用の機器が見つからないことなどから、本多被告が別のグループから入手した可能性があるとみている。

日立製作所、自治体向けのクラウド事業強化(産経新聞)
<普天間移設>「県外あきらめていない」…参院委で首相(毎日新聞)
用地費削除の修正案提示へ=築地市場移転予算で-都議会民主(時事通信)
檀家に振り込め詐欺防止を説法…住職が一肌(読売新聞)
羽田空港、新ターミナル駅工事現場から激しい黒煙(読売新聞)

非訴訟派被害者も救済へ=裁判と並行、5月までに-政府(時事通信)

 水俣病不知火患者会(熊本県水俣市)が国などに損害賠償を求めた訴訟で29日、事実上の和解が成立したことを受け政府は、裁判によらず水俣病救済特別措置法に基づく救済を求めている被害者に対しても、和解所見(和解案)と同様の条件で救済する方針だ。裁判、特措法のそれぞれによる救済対象判定手続きを、犠牲者慰霊式がある5月1日までにスタート。対象者を早期に確定させ、全面的な解決を目指す。 

【関連ニュース】
水俣病訴訟で初の和解成立=公式確認から半世紀余り
水俣病訴訟、和解へ=原告団が受け入れ決議
チッソも和解受け入れ表明=被告3者そろう
水俣病慰霊式、出席に前向き=鳩山首相
参院選へ試練はこれから=予算成立に達成感なし

「美人すぎる市議」自民が参院比例に擁立検討(読売新聞)
夫婦別姓法案「提出認めぬ」=亀井氏(時事通信)
北教組起訴 民主・小林議員は離党も議員辞職もせず(産経新聞)
民主「言論封殺」で危険水域 内閣支持率30%割れ目前(J-CASTニュース)
<雑記帳>鉄道ファンの聖地に新施設(毎日新聞)

<放火3人殺害>29歳女に無期懲役 さいたま地裁判決(毎日新聞)

 埼玉県熊谷市で07年1月、自宅に放火して両親と長男を焼死させたとして現住建造物等放火と殺人の罪に問われた元パート、斉藤綾被告(29)に対し、さいたま地裁は25日、求刑通り無期懲役を言い渡した。伝田喜久裁判長は「犯行は身勝手で結果も重大。死刑も十分考えられるが、被害者の冥福を祈り、残された人生を全うさせるのが相当」と述べた。

 判決は、動機について、受験したばかりの職場の資格試験結果に自信がなく、解雇される不安を抱えていたことに加え、当時の交際相手に別れ話を切り出されたことから「すべてを消したい」と考えたと指摘。未明に自宅1階に灯油をまいて放火して全焼させ、寝ていた父親(当時78歳)と母親(同61歳)、長男(同5歳)を焼死させた。

 弁護側は「確定的殺意はなかった。心神耗弱状態だった」と有期刑を主張したが、判決は、殺意も完全責任能力も認めた。【浅野翔太郎】

不明女子高生の遺体と確認=死因は水死-長崎県警(時事通信)
「批判した人切る、改革にならない」民主・生方氏(読売新聞)
プロテカジンに逆流性食道炎の適応追加―大鵬薬品工業
九州新幹線「つばめ」、利用者2千万人突破(読売新聞)
森、唐澤陣営の副会長候補が同じ顔触れに(医療介護CBニュース)

政倫審へ小林議員 招致を自公が要請(産経新聞)

 自民、公明両党は24日、衆院政治倫理審査会の中野寛成会長に対し、北海道教職員組合をめぐる政治資金規正法違反事件で陣営幹部が起訴された小林千代美民主党衆院議員を政倫審に招致するよう申し入れた。中野氏は「与党に伝える」と述べるにとどめた。公明党の山口那津男代表は同日の記者会見で、自民党が検討している小林議員辞職勧告決議案の提出について「本人が政倫審で説明責任を果たし、民主党が自浄能力をどう果たすかを見極めた上で検討したい」と述べた。

首相、地下鉄サリンから15年「しっかりした態勢作らねば」(産経新聞)
「自殺手助け」「殺人請負」…サイト摘発に難しさ(読売新聞)
阿久根市長、連日の出席拒否…入札問題追及予定(読売新聞)
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災-札幌市(時事通信)
元家裁書記官詐欺事件で懲役11年の判決 さいたま地裁(産経新聞)
プロフィール

はらしまつとむ

Author:はらしまつとむ
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。